になし藩防衛作戦指令書

イベント39:になし藩炎上

作戦SS
出撃~狼煙
http://www.freebbs.biz/patio/patio.cgi?mode=view&no=33&user=wwss

<作戦目的>
戦闘被害の低減
<作戦目標>
になし城に対しプリポチダケ北演習場より侵攻をかける敵勢力の撃滅

課題1:攻撃目標:撮影:春雨
画像

データ
モンスターTYPE1 身長30m のっぺりしたゴムのような素材で包まれている。。手が長く、足が極端に短く、頭は長い。目は胸にあり、頭は左右に割れて口とミサイル発射口が見える。

課題3:使用判定:遠距離戦闘(技使用なし)
遠距離戦:リアルデータ「97」、変換値「11」
AGL及びI-D100mm砲による敵の火力制圧、撃破
*使用しないが一応。近距離戦:リアルデータ「102」、変換値「11」

以下、課題2:プリポチダケ北演習場、I-D100mm砲撃訓練地区:地図
画像


中隊編成
中隊本部
中隊長:佐久間:北国人+歩兵+歩兵
部隊付き吏族:あんぐら2:北国人+犬士+吏族
部隊付き吏族:匪:北国人+犬士+吏族
ID小隊(トモエリバー小隊)
・・A分隊(アルファ分隊)
小隊長:大神:北国人+パイロット+整備士+名パイロット
*コパイ:犬士*2:北国人+吏族+犬士
隊員:朝顔茄子:北国人+パイロット+整備士+名パイロット
*コパイ:犬士*2:北国人+吏族+犬士
隊員:犬士:北国人+パイロット+整備士+名整備士
*コパイ:犬士*2:北国人+吏族+犬士
・・B分隊(ブラボー分隊)
分隊長:徒理流:北国人+パイロット+整備士+名パイロット
*コパイ:犬士*2:北国人+吏族+犬士
隊員:あ~やん:北国人+パイロット+整備士+名パイロット
*コパイ:ユキ・しおこんぶ:北国人+吏族+犬士
隊員:犬士:北国人+パイロット+整備士+名整備士
*コパイ:犬士*2:北国人+吏族+犬士
i小隊(歩兵小隊)
・・C分隊(チャーリー分隊)
・・・1班
小隊長(射手):濃紺:北国人+歩兵+歩兵
隊員(弾薬手):なかだい:北国人+歩兵+歩兵
・・・2班
班長(射手):鯵屋槌志:北国人+歩兵+歩兵
隊員(弾薬手):犬士:北国人+パイロット+整備士+名整備士
・・D分隊(デルタ分隊)
・・・1班
分隊長(射手):志臣:北国人+歩兵+歩兵
隊員(弾薬手):松葉:北国人+歩兵+歩兵
・・・2班
班長(射手):灯心 翼:北国人+歩兵+歩兵
隊員(弾薬手):春雨:北国人+歩兵+歩兵

兵装
A分隊:100mm砲×3・シールド×3
B分隊:100mm砲×3・シールド×3
C分隊
1班:40mmAGL(自動擲弾銃):射手+弾薬手
2班:40mmAGL(自動擲弾銃):射手+弾薬手
D分隊
1班:40mmAGL(自動擲弾銃):射手+弾薬手
2班:40mmAGL(自動擲弾銃):射手+弾薬手

戦闘前準備
・敵の進撃速度の低下を図りつつ、F-4地点に敵を誘導すべく、トラック搭載型敷設装置により対戦車地雷等の敷設を行う

作戦概要
1:A分隊は「J-8」付近、B分隊は「F-8」付近、Cは「C-6」Dは「J-4」に潜伏隠蔽
2:F-4に敵を誘導(地形効果:なだらかな斜面のコース・対戦車地雷などの配置による進路操作・時間稼ぎ
3:C分隊、F-4~G-5にかけて煙幕展開
4:C・D分隊、榴散弾射撃開始。煙幕との併用により目標をG-5に誘導(弾幕で目標進撃ルートでもある煙幕内に誘導
5:A分隊はI-7、B分隊はF-8に移動。煙幕解除、G-5の目標に対し100mm砲撃開始
6:C・D分隊支援射撃開始。使用弾頭はHEATに
7:A・B分隊白兵突撃C・D分隊支援射撃、制圧。戦闘終了。戦果確認

作戦タイムテーブル(秒)
  0030    0100  0130 0200  0230   0400
A 待機    待機  移動 砲撃開始----制圧
B 待機    待機  移動 砲撃開始----制圧
C 煙幕展開 射撃  射撃 支援射撃----制圧
D 偵察    射撃  射撃 支援射撃----制圧
* 煙幕------煙幕

作戦留意事項
・A分隊:射撃位置(I-7)移動後は徹底的にシールドを遮蔽利用し固定砲撃。敵の反撃兆候確認時は機動射撃戦に移行
・B分隊:射撃位置(F-8)移動後は徹底的にシールドを遮蔽利用し固定砲撃。敵の反撃兆候確認時は機動射撃戦に移行
・C、D分隊:射撃時は榴散弾中心で敵をへ誘導。支援射撃移行後はHEAT弾中心に射撃
・C分隊:、最初に煙幕展開。煙幕は一分展開設定


イベント37 動員
http://www.freebbs.biz/patio/patio.cgi?mode=view&no=32&user=wwss

"になし藩防衛作戦指令書" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント