大神+αお見合い(らしい)by濃紺

国民番号:1900364
国民名:大神 重信
天戸:参謀※藩王(伯爵)
地戸:文族
所属藩:人狼領地
魂の故郷:兵庫県
根源力:53500
性別:男
年齢:20
身長:173
体重:61.5(最近2kg減った)

特技:水泳・柔道・銃剣道・対人、対戦車、対艦兵器整備・策謀・昼寝
好きなもの:暇・可愛いもの・旨いもの
嫌いなもの:めんどくさいこと全般
家族:王妃1人・王犬1匹・犬士21匹・その他愉快な仲魔達

画像

藩国北部山脈の演習場にて※右側(イラスト:春雨)

-----------------------------------------------------------------------

先日、摂政の濃紺がなにか戯言を言い出した。
「大神、お見合い出ろよ」
「あぁん?めんどいわ」
大神、参謀に領地北部での地震災害派遣にと駆け回って何気に忙しい。
「て、いうか既婚ナンデスガー」
とかなんとか言いつつ、膨大な量の書類を猛烈に処理する大神こと駄犬。ふと欠伸をすると、
「・・・やっぱ出るかぁ」
「はい?」
「いや、・・・邪魔をしたく。もとい、面白そうじゃぁないか」
徐に愛用の64式小銃に装弾する大神。窓の外に向かって発砲。タァン。吹っ飛ぶ犬斗
「うっし、当たる当たる」
「待て」
「何?」
「黒には白兵しかきかないらしいぞ」
・・・・エンピを研ぎ始める大神
「じゃあ、留守の間の書類は、濃紺。宜しくー」
「ウソン」

(文:大神)


=======================================================================


国民番号:1900369
名前:あ~やん

お見合いに参加する女性陣を、夫である大神の魔の手から守るべく自ら申し出た(らしい)。
普段はどこかぼんやりしている。好奇心だけは旺盛。
熱しにくく冷めやすい。料理を身につけようと台所に立つものの、まな板を見てげんなりし、断念。
手水鉄砲がやたら得意。5m飛ぶよ!とは本人談。
暇があれば文を書いたり、絵を描いたり、HTMLを書いてみたりなど様々なことをしている。
趣味が多いのは好奇心の成果だとか。
最近は工事現場に思いを馳せているらしい。

画像

(イラスト:あ~やん)

-----------------------------------------------------------------------

PRになってないPRSS

「ちょ、ぼくも出るー!」
扉を開け放ったと同時。
王妃はどこか焦った様子でそう言い放った。
部屋の主である大神が訝しげに振り返った。
「……? え、もしかしてお見合い?」
「ぅ、うん」
「なんで?」
「え? えーと……防止兼被害専用窓口っ」
「なんのー」
「お前さん、絶対お見合いに来た子に迷惑掛けるから!」
「……それだけー? ヤキモチじゃなくてー?」
「ち、違うーーっ!!」
顔を真っ赤に染めてあたふたとわめき散らすその姿に、大神はくつくつと笑う。
そんな彼の様子に、ついに沸点が超えたのか、あ~やんは自らの夫に指を突きつけた。
「目指せ一妻多夫制だよ!」
意味の分からない言葉と共に。
「さっきと言ってること違う……てか、そんなの自分が許さないよ?」
「うぐにゅぅ……」
奇妙なうめき声を上げて、恨めしげに大神を見上げる。
敗北を認めざるを得ない状況に、彼女はその場に膝をついた。
とにかく、と取り直し、再度その指を突きつける。
けれど膝をついた姿勢はそのままで。

「ぼくも参加するっ」

大神が降参したように手を挙げて。
「ま、いいか。……これ絶対喧嘩売ってるよなぁ」
「?」
「いや、こっちの話」
始終彼の顔から笑顔が離れることはなかった。

(文:あ~やん)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント